行政書士等の選び方

行政書士の選び方

1. 行政書士登録番号はどうか。

行政書士は他の資格と異なり、行政書士試験に合格しても仕事は殆ど分からず素人同然が現実です。登録番号が古いか、行政官退官者や行政書士補助者を長く続けていた人は仕事のできる人です。一応、登録番号が古いことは経験者と判断できます。

若い番号でも共同、合同事務所に所属していればベテランが傍におりますので長年経験者と同じだと思います。
登録番号は八ケタで、初めの二けたが登録年を表します。
第12560811号 → 平成12年登録
当事務所は登録番号第91080008号です。
登録は平成3年ですが、業歴は30年を超えています。

2. 依頼する仕事を専門としているか。
あれもこれも取り扱う旨の表記は不可です。
企業を対象として企業のワンストップとして色々な業務を取り扱うことは行政書士として当然ですが余り多岐にわたる表記は疑問です。
車庫証明を取り扱う旨の記載は陸事関係の業務を専門としていない限り専門を持っていないことでしょう。
当事務所は、車庫証明、内容証明、陸事関係、入管、風営、離婚等は取り扱いません。

3. 紛争を取り扱っていないか。
行政書士は、争いのある法律事務を取り扱いできません。
離婚、交通事故、債権管理などと表記してある行政書士事務所は問題です。

4. 肩書はどうか。
団体役員等の肩書は一応社会貢献の物差しです。ボランチア、学会、社会貢献をどれだけしているかも選択の判断材料に成ります。

5. 電話は必ず出るか。
電話に出ないことは急用の時に連絡が取れないことです。先が思いやられます。
下記で、都道府県と氏名を入れ調べて下さい。正しい登録年が調べられます。

※日本行政書士会連合会行政書士検索
https://www.gyosei.or.jp/members/search/

弁護士等の他の資格も其々の士会で検索できます。
■ 弁護士情報検索 http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/
弁護士に依頼するときは必ず着手金、成功報酬を定めた契約を取り交わして下さい。口約束ではだめです。
■ 税理士検索 https://www.zeirishikensaku.jp/sch/zs_sch0.asp
知り合いだから、近いからと決めるべきではありません。専門は何か、経験は、考え方は、相性はどうか等も検討してください。
■ 司法書士検索 http://www.shiho-shoshi.or.jp/search/
司法書士と行政書士の区別が理解できないと思いますが、会社設立に関して説明しますと司法書士は登記の専門家で、行政書士は会社設立手続きの専門家です。
定款の作成、議事録の作成等の会社設立のための多くの書類作成は行政書士の業務ですが登記申請書一枚の作成のみが司法書士の業務です。従って、現行法で、会社設立手続きを全て専門家に委託するときは行政書士と司法書士の両方に委託しなければならないことになります。法の不備と考えています。国民にとってどうすることが利便につながるかを考え法制すべきですが士業間の利権のみで法制されているように思います。

※ホームページの転写、複写はお断りします。